低アルブミン血症の症状と治療 

体に浮腫や腹水などの症状が出てきた時には、
元となる病気、肝臓の疾患などがあるはずで、それによって
血中のアルブミンの濃度が低くなってしまうものです。

本来は肝臓でアルブミンを合成しているのが、機能の低下で
合成できなくなることによって引き起こされるようです。

血漿成分が血管外へ漏れてしまう事で、浮腫を招いてしまいます。
低アルブミン血症は、尿検査で本来でてこない蛋白質が
でてくることで、それを示しているようです。

肝硬変までになると、腹水になってしまうことが考えられており
この元の原因となった病気の各種治療をする事で低アルブミン血症も
改善されていくようですが、

合成アルブミン製剤を静脈注射で補充する事も必要のようです。
内服では無理な理由は、アルブミン製剤は胃で分解されてしまう為
のようです。

肝硬変までになるには長い年月の飲酒や良くない生活習慣が
強く関わっていと言われています。

症状がでる前に生活習慣の改善をすることが望まれます。
また、普段普段の塩分の摂取に気をつけたり、水分の制限や安静に
よって、低アルブミン血症は改善されていきます。

腹水がひどい緊急の場合は、感染や合併症も考えながら水分を抜く
ことも必要な時がありますが、肝臓が心配な方は定期的に
病院で検診を受けるなど、普段の自己管理も大切になるようです。

また、浮腫を起こす原因となる病気は他にも多くあるので、
浮腫を起こしたら自己判断はしないで病院で検査を受けて下さい。

甘いものやお酒が好きで、ファーストフードばかり食べていて
蛋白質不足に陥る生活もやめておきたいものです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ