ビリルビンと黄疸の因果関係について

ビリルビンと黄疸の因果関係について説明します。

血液の中の赤血球と云う物質は、酸素を運ぶという役目を
終えて分解されるとその中のヘモグロビンと云う成分が
変化してビリルビンと云う物質になります。

これは肝臓で作られる胆汁の主成分の1つで、
胆汁の黄色い色はそもそもビリルビンの黄色が元になっています。

ビリルビンは血液とともに肝臓に運ばれ、肝細胞に吸収されます。
すると肝細胞のなかのグルクロン酸という物質と結合し、
胆汁となって胆管に分泌され、更に便の中にも排出されます。

ビリルビンが血液中に一定濃度以上増加することで
皮膚の色や白目の部分が黄色くなります。
これを黄疸といいます。

肝臓などに炎症が起こると、胆管に至るまでの過程で
排泄障害が生じる場合と、胆管そのものが詰まる障害とがあり、
前者は肝硬変や肝炎に伴う病態、後者は胆管癌や結石など
詰まりそのものが原因である病態が原因です。

以上は肝細胞に取り込まれた後のビリルビンの排泄障害であり、
直接型ビリルビン由来によるものです。

一方肝臓に取り込まれる前のビリルビン由来によるもの
としては、赤血球が溶血してビリルビンの生産が過剰になって
起こる黄疸があり、

これは間接型ビリルビン由来によるもので、また日本人には
比較的多い黄疸の症状の1つです。

新生児にしばしば見られる症状であり、この場合の治療としては
紫外線照射療法が知られており、ビリルビンを直接型
ビリルビンに変換させて無害化することで治療します。

主に母体と胎児の血液型の不適合を原因として起こる病態です。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ