グリコアルブミンの基準値と病気について

グリコアルブミンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これはアルブミンとブドウ糖が組み合わさって
結合体となったもののことを指し、この成分について調べる
ことで血糖値が過去、どのように変化したかということ等に
ついて分かるため、

糖尿病検査には欠かせない指標の1つと言っても過言ではありません。

・グリコアルブミンについて知っておくほうが良いのか

これを説明する為には糖尿病の治療方法について説明があります。

糖尿病というのは放置しておくと失明や死につながる重大な病気
として知られていますが、
この病気を治療する為には血糖値について把握する必要があるのです。

糖尿病が進むことを防ぎつつ、合併症の発生を防ぐための
治療方法は一般的に、血糖値を把握して、薬を投与したり
食事の改善をするという方法がとられます。

このグリコアルブミンの活動日数は20日前後なので、
調べれば20日前までの血糖状態を把握することが出来て、
適切な治療をすることが出来るのです。

今まではグリコヘモグロビンという物質で血糖状態を
把握していましたが、120日間も活動する為、正確な状況が
把握しづらかったのです。

・グリコアルブミンの基準値と測定方法

採決だけで測定することが可能ですから、
誰でも簡単に調べることが出来ます。
基準値も設けられており、それより高かったり低かったり
する場合には血糖のコントロールが出来ていない
可能性も十分に考えられます。

採血するだけでグリコアルブミンから、血糖状態を把握する
ことが出来ますから、定期的に病院などで検査を
受ける必要があると言えます。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ