アルブミンの成分は人間に欠かす事ができない


アルブミンという成分をご存じでしょうか。


アルブミンという成分は、人の身体に欠かせない
成分の一つで、体内に流れる血液中にはたんぱく質が含まれて
いるのですが、そのたんぱく質のおよそ6割を占めるのが、
このアルブミンなのです。


体内の血液を流れるアルブミンは、血液中に含まれた
老廃物を腎臓に送りこみ、腎臓に送りこまれた老廃物は
分解され、体外へ排出されます。


また血液の流れとともに、体中に栄養物を運搬し、
細胞の再生や細胞の傷の修復には欠かせない重要な成分です。


この身体の健康の維持には欠かせないアルブミンは、
ある年齢を過ぎると血液中のアルブミン量が低下してしまいます。


血液中のアルブミンが低下することによって、
老廃物を体外へ排出することができなくなり、筋肉量の低下、
老化が進行してしまい、歩行がしずらくなったり、
転びやすくなってしまったり、反射神経などが鈍ってしまう
という結果になってしまいます。


最近では、身体の老化を調べる方法の一つとして、
血液中のアルブミン量の測定が指針の一つとなっています。


血液中のアルブミン量は、健康的な生活を維持するためにも
最低は4.3グラム以上は必要です。


つまりアルブミンとは、健康的な生活や、老化を食い止める
ために必要な重大な成分の一つなのです。


アルブミン量を増やすためには、食事からたんぱく質を
摂取することが大切です。


ではどのような食品に含まれているかというと
魚やたんぱく質、肉、牛肉、卵などに含まれているので、
これらを含んだ食事を三食バランスよく摂取することが大切です。


当サイトで更に詳しく解説しますので、是非ご覧になって
行ってください。

アルブミンに関する参考サイト

アルブミンととても関係が深いのが肝臓の病気です。
肝炎の症状と肝臓病を克服するためのポイントでは
過去に肝炎の症状を改善した方のお話が掲載されています。健康を維持したいと
考えている方はご参考にされてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ